野良猫を増やさない取り組み始めました

最近、『野良猫を増やさない取り組みを始めました』と、地域猫対策のチラシとともに地域の方にお話ししています。

金子ひろみ通信の配布とともに、居ないお宅はポスティング、いらっしゃる宅には直接、

野良猫を捕獲して・不妊去勢手術をして・元の場所に戻すTNR活動への理解と、近所で罠を仕掛けるので飼い猫は注意してほしい旨をお伝えしています。

『猫』という話題で地域の方とじっくりお話しするのは初めてなので、あのお宅で猫飼っている・餌あげていると教えていただいたり、実は猫で困っていることを教えていただいたり、新たな発見が多々ありとても興味深いです。

・野良猫に餌をあげている方が多い町内では、1ブロックに1人いる。

・餌をあげている方のご近所では、必ず糞尿で困っている方が多数いる。

・糞尿で困っている方の多くは、近所のことなので苦情を言わずにいる。

・その近くでも、少し離れるだけで『猫はいない。犬の糞に困っている』という地域もあり。

・犬を飼うマナーの悪い方がいる。

・それよりも、ハクビシンに困っている

などなど。

糞尿で困っている方が思った以上に多いです。

野良猫に餌をあげる方とご近所で迷惑している方が、長年のやりとりの末に仲が悪くなっていることも多く、餌をあげる方はあまりご近所付き合いしていない場合があるのですが、

この活動をしているとそういった方ともしっかりお話をすることができ、

『可哀想で餌をあげている。頻繁に妊娠する猫の事を思うと避妊・去勢手術した方がいいと思っている。可哀想な野良猫は本当は居ない方がいい』と思っている場合が結構ある事に気付きました。

猫嫌いや猫好きを前面に出すのではなく、猫と地域の事を考えているという第三者的な立場だと、色々お話ししてもらいやすいようです。

猫が減ることで糞尿問題だけでなく、ご近所のいがみ合いの原因も解消できるのではないかと思います。

という事で、新たにひとつ、TNRを始める地域ができそうです。