安心・安全のまちづくり

まちづくりでは、

  • 空き店舗対策対象地域の拡大
  • 困難事例とされていた空き家の解体を、全校でも先進的な『財産管理制度』を利用して解体、空き家の解体・リフォームの補助制度の創設
  • 野良猫を増やさない取組として、野良猫の不妊手術が無料でできるチケットの取り扱いの開始!
  • 道路の危険箇所への対応

などなど、実現することができました。

3期目は、足利市の顔であるJR足利駅の駅前ロータリーの再整備と、観光地へ続く駅前地域の活性化をはかります。

現在、足利市ではJRとの連携協定を10年の契約で結んでおり、残りが約7年。
あしかがフラワーパーク駅ができたその流れを今度は、中央地区に持ってきます。
この春から、JR足利駅の中に「足利市移住・定住センター」ができますので、それを皮切りに取り組んで行き、駅周辺地域の活性化につなげたいと思います。