新型コロナウイルスの影響で休業や減収になった方への無利子貸付

【社会福祉協議会の 緊急小口資金 特例貸付について】

新型コロナウイルスの影響で休業や減収になった方へ、一時的な生計維持のための貸し付けを行っています。少額ではありますが、7営業日での振り込みとスピーディです。

ポイントとしては

●一世帯10万円、または20万円

世帯員が4人以上や、要介護者・臨時休業中の小学校に通う子がいる場合、個人事業主がいる場合などの要件に当てはまる世帯は20万円。

●一世帯につき1回の申し込み

●返済は、1年後より、24ヵ月払いか12ヵ月払い、無利子。

返済期限が過ぎると、年利3%が発生します。

●住民票や収入の減少が分かる書類などが必要(必要書類は要確認!)

コロナウィルスの影響(今年に入ってから)で収入が減少したと示す必要があります。給料明細などの書類となりますが、個人事業主の場合、個人でつけている売上表などでも大丈夫なようです。書類に関してはご相談ください。

●申込受付後、7営業日での振り込みとなります。送金が貸付決定の決定通知となります。

●社会福祉協議会の窓口へご相談ください。

相談に時間がかかる場合が多いですので、余裕をもってお越しください。

●全国社会福祉協議会のトップページから詳細がご覧いただけます。

https://www.shakyo.or.jp/index.htm